哀愁と高揚感を共に併せ持つギターのメロディをメインに配したトランス楽曲。

執拗に繰り返されるギターのシンプルなメロディが、中盤のブレイク後、シンセと絡み合いながら複雑化していくさまが、人類の進化の背後に永遠に流れ続ける生命の息吹を表現している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です