本日のアウトプット

昨日のアウトプット

新曲のベースラインを8小節分作る。

これを作ると言っていいのだろうか? コードのルートをボーと鳴らすだけ。Cm→Fを延々繰り返す曲なので、ドー、ファーと、ピアノロールに入力しただけです。

あ! ファーの最後の部分、またドーに戻るのですが、そこを工夫して、ファー・ミ♭・レ・ドー、というふうにしました。

凄い、ちゃんと工夫してますね。こういう細かな工夫の積み重ねが良質な音楽を生み出すってわけだ!

昨日の気づき

 

セールで100円で購入したHybridというシンセを新曲に取り入れようとしているのですが、このシンセ、音はいいのに、プリセットをキーボードで選ぶことができず、マウスでぽちぽちやらなければ音を変えられないという致命的欠陥がありました。

しかしですね、なんと、プログラムチェンジというものを使うことで、キーボードでプリセットを簡単に変えられるということがわかりました。Ableton LiveであればこのPgmてヤツですね。

ここをマウスで選択した上で、キーボードの上下をぽちぽち押すことで、Hybridのプリセットを簡単に変えていくことができます。Hybridを使うモチベーションがひとつ高まりました!

今日の練習

マイギター「ギーター」(人としてこの世に生を受けし誰もが一度は読むべき名著、バガヴァッド・ギーターから取った名前です)を、数分×3回ほど弾く。

(Amazon)

ネックが小さくて短いためコードが押さえやすい。スピーカー内蔵のためすぐにサッと練習できる。本体が軽いので持って苦にならない。見た目が可愛い。これこそ最強のギターではないだろうか。本当にいい買い物をした。

Cメジャーキーのダイアトニック・コードはF以外、弾けるようになってきた。Fは五分の一ぐらいの確率でスッと押さえられる。

その他、いつもどおりMelodicsで五分ずつ、フィンガードラムとキーボードを練習した。

私が思うに、何か新しい分野に挑戦するとき、もっとも大事なことは練習やアウトプットを習慣づけることだ。習慣を生活に定着させようとするとき、もっとも大きな障害となるものは心理的な抵抗感である。その抵抗感を意思の力で超えるのは難しい。そこで習慣を完全に定着させるまで、一日五分などという最低限の行動を延々、数ヶ月繰り返すことが有効である。とにかく心理的抵抗を感じないレベルの練習を繰り返し、それを定着させることが大事だ。習慣づけこそが人生を変えるもっとも大きな力のひとつですが、そのトピックに関してはこの本がオススメです。

今日の学習

今日もこの本を教科書にしてコード理論を学びました。今日はボイシングというものを学びました。

  • コードを普通に繋げるより、なめらかにつなげた方がいい。そのためにコードの転回系を用いるといい。
  • コードのトップノートを意識的に動かすことによって、そこでメロディを奏でることができ、それによってコード進行のドラマティック度をかさ増しすることができる。
  • 構成音が1オクターブ内に収まるクローズドボイシングはピアノやギターなどでリズムをとるのに適しており、音が1オクターブ以上にバラけているオープンボイシングはストリングスやパッドなどの持続音を鳴らすのに適している。
  • コードのルート以外の音をベース音にするコードトーンオンコードなるものを作ることができる。コードの基本的性質を変えず、ベースの動きを変えることができ、実際の曲作りの中で役立つ。

などなど。明日はドミナントのバリエーションについて学ぶ予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です